好きが仕事に、未経験も武器に。

【インタビュー】
2018年入社[中途採用]
勤務先:児童デイあったまぁる緑
職位:管理者・児童指導員

私は、ナドーワドで働く前までは育児をしつつ、事務や販売の仕事をしていました。子どもが成長するにつれ、自分の時間が持てるようになり、改めて自分がしたかったことに挑戦したいと思ったのが入社動機です。
もともと、子どもたちが好きで、子どもに関わる仕事に携わりたかったのですが、教育に関する資格もなく、未経験でした。
採用面接の際、そんな私に対してもナドーワドの職員の方々が私の想いにうなずき、丁寧に耳を傾けてくれたことを今でも覚えています。

入社後は、障害やその症状のこと、国や市区町村の障害福祉に関する制度のことなど、子どもたちを取り巻く環境について学ぶ社内研修がありました。
研修後に児童デイあったまぁる緑に配属となり、お子さんたちに触れ、屈託のない笑顔やその純粋さに心が洗われ、言いようのない愛おしさが生まれてきました。

配属後、まず未経験な私でもできることは何かと考え、“施設内を整理整頓し、療育スペースを拡げる“という目標設定をしました。
この棚はこっちにあったほうが便利、カラーボックスがあると整理ができる、といった提案を先輩職員の方々に提案したところ、すぐに皆がやってみようと賛同してくれました。
のこぎりで棚板を切るといったDIYを皆で一緒に行ない、目標を達成することができました。
このことはとても小さな出来事ではありますが、未経験な私でも“できる”という自信となりました。
子どもたちの成長はもちろん、職員の成長にもつながる支援がある会社なんだな、この会社で働くことができて良かったなと思った瞬間でもありました。

児童デイあったまぁる緑には、年齢や性別、特性も違う子どもたちがいて、その子たち一人ひとりと向き合い、療育していくために、私自身の知識や経験がまだまだ足りていないのが実状です。
先輩社員の言動を見習い、学びつつ、社内外の研修に参加したり、自習したりと、今までの人生で一番勉強している時期かもしれません。

ナドーワドには事業所単位の組織とは別に課題単位の委員会という組織があります。
その中で私は研修委員会に所属し、最近では職員の皆さんに発語に関する研究発表で講師をする機会を得ました。

もともと発語に関する知識があるわけではないので、「発語」についての知識、講師として伝えるための工夫など約3カ月間勉強しました。
そういった学ぶ時間を前向きにとらえることができるのも、何よりも子どもたちのため、療育現場で活きる知識や経験だからこそと思っています。

子どもたちの可能性を拓いていく

私が着任してから、帰宅時間の前に子供たちを集めて“帰りの会”を始めました。
それまでは、子どもたちが一斉に座って会を開くというのは難しいのではと考えていました。ただそれは、人数が多く、かついろんな特性を持っているため無理があるだろうという大人たちの勝手な思い込みであり、実際にはやってみたらできたのです。

もちろん職員一同でフォローしながら始めた取り組みですが、今では皆で座るだけでなく、他者の話も聞けるといった新しい“あたり前”つくることができました。
できないという思い込みや前例にとらわれず、子どもたちの可能性を信じ、拓いていく、そんな療育をこれからも続けていきたいと思っています。

プロフィール

埼玉県育ち。障害福祉の分野で働くのは初めてながら、「子供たちが好き」という思いを大切に、日々、挑戦。社内の療育委員会に所属し、職員向け研修の企画立案を頑張っている。お休みは、家族で楽しく過ごす時間を大切にしている。