キャリアパス要件・職場環境等要件への具体的な取り組み

現在、当社で取り組んでいる施策は、以下のとおりです。

キャリアパス要件への具体的な取り組み

[キャリアパス要件Ⅰ:職位・職責・職務内容に応じた任用要件と賃金体系の整備]
●職位・職責、職務内容に応じた任用の要件を定めている。
●職位・職責または勤務内容等に応じた賃金体系について定めている。
●就業規則等の明確な皇居規程を書面で整備し、職員に周知している。

[キャリアパス要件Ⅱ:資質向上のための計画を策定し、研修の実施または研修の機会を設ける]
●各種資格取得のための支援や、より専門性の高い知識、技術を取得するための外部研修の参加を支援し、有給休暇を使用することなく研修参加のための有給休暇を取得できるようにし、研修費用の助成もおこなう。
●職務の向上となる内容の研修を専門的な外部講師を招いて開催する。
●職務の向上となる内容の研修を社内で定期的におこなう。

[キャリアパス要件Ⅲ:経験もしくは資格等に応じて昇給する仕組み、または一定の基準に基づき昇給を判定する仕組みを設ける]
●勤続年数・経験年数に応じて昇給する仕組みを設けている。
●介護福祉士、実務者研修修了者、児童指導員、保育士、教員、心理士などの資格に応じて昇給する仕組みを設けている。
●実技評価や業務の向上に貢献した実績等の結果に基づき昇給する仕組みを設けている。

職場環境等要件への具体的な取り組み

●子育てのための出産・育児休暇、介護のための介護休暇制度の推進をおこなっている。
●健康維持・向上の推進のため、健康診断費用の助成をおこなっている。
●通勤・業務においての安全性を高めるため、交通安全講習会を外部専門講師を招いて開催している。
●職員の心身両面の健康の維持・向上のため、また活気ある職場つくりのために「心の健康づくり」事業を推進し、メンタルヘルスケアに努めている。
●キャリアが長い職員の知識を継承していくため、定年後の再雇用制度を設けている。
●雇用の促進のため、非正規社員の正社員登用制度を設けている。

処遇改善加算の状況

[平成31年(令和元)度]
処遇改善加算Ⅰ
特定処遇改善加算Ⅱ

[平成30年度]
処遇改善加算Ⅰ
特定処遇改善加算Ⅱ